Tradingview

TradingViewのアプリアイコン

色々なテクニカル指標でチャート分析ができるアプリです。

Tradingviewはこんなアプリです♪

大手の取引所のチャート画面で「charts by tradingview」という表記を見たことがありませんか?

多くのサイトでチャート画面の元になっているのがtradingviewです。

主にPC版で有名ですが分析できる銘柄は多種多様、分析ツールも豊富で様々なチャート分析に利用できます。

データはクラウド上に保存され、色設定、ツールの配置などはそのまま共有されるのでちょっとした時間に確認したり組みなおしたりができます。

操作感覚はウェブもアプリもほぼ一緒。

インディケーターやツールの使い方はほぼ一緒、『空いた時間にちょっとだけ』程度に使うには十分です。

ウォッチリストで素早くアクセス

お気に入り銘柄を登録しておけるのでさっと見たい時やポートフォリオと比較したい時に重宝します。

従来仮想通貨アプリのヴィジェット画面を自分のお気に入り版のような見た目に!

ウォッチリスト

チャート画面は整理されていて見やすい

スマホの大きさの関係でスクロール必須ですが時間足や色設定、インディケーターも設定しやすい。

チャートの配色設定画面

インジケーター設定画面

時間足は次のローソクまでのカウントダウンでお知らせ

現在価格の下に表示されるtradingviewの特長とも言える機能。

次のローソクの形を確認するまでついつい待ってしまう?

カウントダウン機能説明

実際の使用感は?

スマホアプリだと、ウェブ版に比べて、画面が小さいながらもしっかりと機能していて十分使用できると感じました。

ツールの配置は、選択後『画面の中央に置いて』からドラックで移動して配置という形になります。

ひと手間ありますがそれほど使いにくくは感じずなかなかの使い勝手!

データはクラウド保存なのでパソコンで編集した内容をさっと確認できますし、簡単に修正ができるのは外出先で少し見たいなーという時に重宝。

取引所アプリでよくある『開く→IDパスワードを入れる→ログイン』といった煩わしい作業がないのも◎です。

ツールを使う時は縦、横に向けて全体をみたりと思ったよりいいなぁ。と感じました。

「提供はiPhone用のみ、これからの部分も」

iPadで使用する場合は『iPhone用アプリの一覧』からダウンロードで使用できます。

各ツールの細かい設定画面では『OK』『キャンセル』を押すだけでもスクロールが必要なため

操作しづらい点が何点かありました。

またトークンなどマイナー銘柄は対応していない部分ありすべての通貨に対応しているわけではありませんが

今後に追加される可能性は十分あります。

こちらのアプリもおすすめ!

  1. Panアイキャッチ

    pan(パン)モナコインのウォレットアプリ

  2. びっとこ!

    びっとこ!

  3. CoinMarketCap

  4. HB Wallet

    HB Wallet(HBウォレット)

  5. Gincoアイキャッチ

    Ginco

  6. coincheck

    Coincheck(コインチェック)

  7. Cryptocurrency価格トラッカー

  8. マネーフォワード

    マネーフォワード

  9. XPウォレット

    XPウォレット