SIGNAL(シグナル)

SIGNAL(シグナル)のアプリアイコン

仮想通貨に関する様々な情報を、AIが収集して配信してくれるアプリです。

よくある仮想通貨ニュースをまとめたアプリとは一味違う!?

SIGNALは、仮想通貨のニュースや情報をまとめてくれるアプリなのですが、他のアプリとは少し雰囲気が異なり、東大卒の研究者が開発したAIによって、仮想通貨情報を発信しているとのことで、なんか凄そうと期待高鳴ってインストールしてみました…。

正直、実際にアプリを使用する上では、表示される情報がAIによって発信されているものなのかどうかわかりませんでしたが、一つ、他の仮想通貨ニュース系のアプリには無い特徴がありましたので、ご紹介させていただきたいと思います。

ニュースを、単なる情報で終わらせない仕組み。

アプリを起動して最初に表示されるのが下記のようなニュース一覧です。

ここまでは、他の仮想通貨関連ニュースをまとめた情報アプリと然程変わりませんが、気になるのは、ニュースごとに「買い」「売り」というボタンが付いていること。

SIGNALのニュース一覧

 

どうやら、それぞれのニュースが、仮想通貨市場に対してポジティブ(買い)であるのか、ネガティブ(売り)であるのかを、投票するような仕組みになっているようです。

なんとなく仮想通貨ニュースを眺めていても、そのニュースが市場に対して、どの程度影響するかわからないようなことって、結構、多いのでは無いかと思いますが、そういった時、このSIGNALの投票機能は判断基準に役立ちそうに感じました。

各銘柄の値動きの歴史を観察できる。

過去の値動きを知ることで、そのコインの歴史を知ることができます。

SIGNALなら、下記のように、チャート上で大きな値動きがあった原因を可視化してくれます。

例として、XRPのチャート図を表示しましたが、他のコインも同じように閲覧できて面白くて為になるなぁと感じます。

 

チャート上にある、赤い下三角をタップすると…

XRPのチャート図

 

下記のように暴落の原因がコメント表示されます。

SIGNAL XRP値動きの原因を表示している。

 

リアルタイムで値動きや時価総額をチェック

価格上昇率や時価総額のランキングチェックができる機能も付いてます。

本日(2018年6月11日)は、全体的に悲観的な相場でしたが、こうしてみると、上昇しているコイン多いんですねー…。

SIGNAL 価格上昇率のランキング

また、時価総額のランキングはこんな感じ↓

SIGNAL 時価総額

 

SIGNALなら、ニュースをチェックすると共に、値動きの理由も明確化できる!

他の仮想通貨アプリと大きな違いは、それぞれのニュースと値動きを紐づけて考えるところだと感じました。

仮想通貨は、値動きが全てではありませんが、値動きを知ることで、そのコインの歴史を知り、今の仮想通貨市場の在り方や方向性が見えてきます。

また、SIGNALなら、投資対象として仮想通貨を見た時、非常に重要な指標があります。

仮想通貨の日々のニュースをチェックしながら、値動きと共に、仮想通貨の歴史を追ってみるのも面白いかもしれませんね!

こちらのアプリもおすすめ!

  1. waves client

    waves client

  2. HB Wallet

    HB Wallet(HBウォレット)

  3. Discord

    Discord(ディスコード)

  4. BITPoint Wallet

    BITPoint Wallet

  5. アイキャッチ

    Yenom Wallet(エノムウォレット)

  6. BitHuntes

    BitHunters(ビットハンターズ)

  7. Reality Clash

    Reality Clash

  8. Cryptofolio(クリプトフォリオ)

    Cryptofolio(クリプトフォリオ)

  9. COINS.phアイキャッチ

    Coins.ph Wallet