Shping

Shpingのアプリアイコン

バーコードをスキャンするだけで対象商品の詳細が分かる便利なアプリ!しかも、使えば使うほど、Shping coinが貰えちゃう!!

Shpingとは

とっても便利で報酬も貰えちゃうShping

Shpingは、アプリ内蔵カメラで製品バーコードをスキャンするだけで、詳しい製品情報を即座にチェックできます。

また、読み取ったバーコードの製品が、Shping内に記録されていない製品だった場合、新たな製品を追加登録した報酬として、Shping coinがもらえるというインセンティブ制度が導入されており、製品情報を即座に確認できるだけじゃなく、まだ登録されていない製品を登録する事ができればコインが貰えちゃうという、とっても便利で、とってもお得なアプリです!!!!

 

Shpingの登録方法はとっても簡単!

登録画面について

アプリを起動すると、上記のような画面が表示されますので、必要な内容を入力するだけで登録完了!

ログインするとタイムラインが表示されます。

ログイン後、下のようなタイムラインが表示されます。

最初、タイムラインには、shpingアプリ開始日時とインストール日時、チュートリアルが表示されてました。

タイムラインには、スキャンした製品もも表示されていきます。

タイムラインについて

 

Shpingで製品バーコードをスキャンしてみよう!

今回は、下記のマカダミアナッツを例に、Shpingで製品バーコードをスキャンしてみようと思います。

1. まずは、アプリ内蔵カメラを起動してみます…

スキャン画面

2. 製品のバーコードを内蔵カメラの白枠内に収まるよう調整します。

バーコード読み込みについて

自動的にバーコードが読み取られます。(とてもスムーズでした!)

製品スキャン結果について

既に、Shping内にデータのある製品である場合は、下記のように製品情報が表示されます。

マカダミアナッツ情報について

これだけでも、とっても便利なアプリなのですが、Shpingでは、製品バーコードを読み取っただけでShping coinという独自の仮想通貨が貰えちゃうのです!!!!

もしも、Shping内にデータが無い製品だったら??

Shping内にデータが無い製品のバーコードを読み取った場合、運営元でデータが確認され、製品バーコードが本物であったならば、Shpingに新しい製品データを追加した事への報酬としてShping coinが貰えちゃいます

もちろん、既に販売終了しているような古い製品も対象ですから、家中のものをスキャンしてShping coinをゲットすることもできちゃいます!

スキャンした製品が登録されていなかった場合は、スキャンした人自身がブランド名や製造元等の情報を登録したあとに、運営元が製品を確認し登録されますが、その際も、報酬を獲得することができます。

報酬内容について

 ※2018年5月13日現在は、万が一、対象の製品が偽物だった場合でも報酬が貰えるようです。ただし、偽物のバーコードを多く発行してShping coinを得ようとする人も出てくるのでは無いかと思いますので、将来的にも同様の仕組みで運用ができるか、個人的には少し疑問を感じます。

Shpingを使ってみた感想

アプリの操作もシンプルで、簡単にバーコードをスキャンして製品情報を確認できるし、報酬としてShping coinを得る事もできるので、身近にある製品を片っ端からスキャンしたくなっちゃいました。

Shping自体が、新しくリリースしたアプリなので、まだまだ登録されていない製品も多くないのが残念ですが、Shpingのユーザーが増えていけば、自然と製品情報は充実していくでしょうし、自分自身で登録されていない製品を見つけることを楽しめる事でもあるので、それほど、大きな問題点では無いと感じております。

また、報酬として得られるShping coinは、現段階では、何かを購入したり、他の仮想通貨と交換することもできませんが、Shpingを支持するユーザーが増えていけば、Shping coinで製品を購入する事ができるようになったり、Shping coinが、いずれかの仮想通貨取引所に上場して、他の仮想通貨として交換することもできる可能性があるかもしれないと思うので、今から少しずつでもShping coinを貯めていこうと思っています!

運営元のShping coinも今の買い物に革命を起こそうとこの通貨・アプリを立ち上げているとのことですから将来的にとても楽しみな通貨だと思います!

こちらのアプリもおすすめ!

  1. DMM Bitcoin

    DMM Bitcoin

  2. Bitpay(ビットペイ)

  3. bit-tube

    BIT-TUBE(ビットチューブ)

  4. ぴたコイン

    ビットコイン相場のチャート予想「ぴたコイン」

  5. Coinbase

    Coinbase(コインベース)

  6. TradingView

    Tradingview

  7. Enjinウォレット

  8. SwiftDemand

    SwiftDemand

  9. NEMウォレット

    NEM钱包