日経電子版

日経電子版のアプリアイコン

仮想通貨に限らず、経済界の情報収集には、やっぱり日経電子版!!

日経電子版でニュースはいつでもどこでも身近に

日経電子版は日本経済新聞社がリリースしているニュースアプリです。

すでにご存知の方も多いとは思いますが、名前の通り経済ニュースを多く扱っており、その網羅性でいえば日本トップクラスのメディアといえるでしょう。

最新のニュースから過去のニュースに至るまで、世の中を駆け巡るニュースがあなたの元にすぐに届きます。

仮想通貨もOK!有料会員で「Myニュース」を設定しよう

日経電子版 MyNews
※日経電子版公式サイトより引用

日経電子版は無料でも利用可能ですが、有料会員になると「Myニュース機能」などが利用可能になります。

日経は、デジタル版の記事が約600本/1日、紙の記事が約300本/1日と非常に多くのニュースが掲載されます。しかし、このようなたくさんのニュースのすべてを読むことは不可能ですし、「本当に読みたいニュースが埋もれる」、「自分に関係のある記事だけを読みたい」という方には、逆効果になってしまいます。

こうした不安要素を取り除き、効率的にニュースを読めるようにするのがMyニュース機能。キーワードを設定しておくことにより、欲しいニュースだけを自動でピックアップしてくれるようになります。

仮想通貨の情報収集に関しては、「ビットコイン(BTC)」などの仮想通貨名の他、「ブロックチェーン」や「〇〇○(仮想通貨取引所名)」などを入力しておくと良いでしょう。

Evernoteと連携!

日経電子版は多くのビジネスマンに支持されているメディアです。対するEvernoteもビジネスマンに重宝されているアプリで、ビジネスの計画やタスクを管理・保存することに役立てられています。

日経電子版×Evernote
※日経電子版公式サイトより引用

この両者は連携しており、「Evernoteへの日経電子版のニュースを保存」だけでなく、「Evernoteのノートの内容に合わせたニュースのピックアップ」などが可能になっています。

前述のMyニュース機能もそうですが、ニュースを受け身で手に入れる時代は終わりました。読者それぞれに合った形を自分から選択し、必要な情報を必要なだけ手に入れることができるのです。

経験者は語る!月々4,200円は高い?安い?

日経電子版の月額料金は月々4,200円となっています。※2018/05/09現在

宅配の日経新聞が月々4,900円ですから、その金額は電子版であろうと紙であろうと大差はないことがわかります。

有料会員になった方の体験談では「月々4,200円は高い!」とする声も多く見受けられ、実際にすぐに解約される方も少なくありません。

経験者は語る!日経電子版はビジネスマンには欠かせないツール

月々の料金が高いと解約する方がいる一方で、「日経電子版は使いやすい」、「これさえあればいつでもどこでもニュースが読める」と、その利便性を評価する声は少なくありません。

無料でも利用可能な日経電子版ですが、有料会員になることのメリットは計り知れず、情報を必要とするビジネスマンにとっては欠かせないツールであることがわかります。

日経電子版 春割
※日経電子版公式サイトより引用

会員登録のタイミングによっては、「春割」などの割引キャンペーンなども行われていますので、ご利用を検討の際は併せてご確認ください。

こちらのアプリもおすすめ!

  1. アプリ画像

    コイン相場

  2. CoinEx

    CoinEx

  3. CoinDesk

    CoinDesk

  4. NEMcode

    NEMcode

  5. NEMウォレット

    NEMウォレット

  6. cuoinex

    QUOINEX

  7. CoinMarketCap

  8. BITPoint Wallet

    BITPoint Wallet

  9. GoUrl

    GoUrl