Money Tap(マネータップ)

手数料無料の送金アプリ「Money Tap」サービス開始

SBIホールディングスの子会社SBA Ripple Asiaが「Money Tap(マネータップ)」のサービスを開始しました。

このアプリは1回3万円、1日10万円以内の送金であれば送金手数料がかかりません。

チャージ不要のMoney Tap

チャージも不要で、銀行口座から銀行口座への送金が直接行えます。同社の狙いは「少額送金でもキャッスレス化を浸透させること」でしょう。

今回はそんなMoney Tapについてご紹介させていただきます。

携帯電話番号でもQRコードでも!Money Tapはシンプルが売り

Money Tapの売りはなんといってもスマートで簡単に使えること。

送金時の認証には指紋認証も使うことができ、携帯電話番号やQRコードによる送金が可能です。

スマートに使えるMoney Tap

従来の送金アプリでは認証においても送金においても、様々な手順を踏む必要があったり、それらが複雑でわかりにくくなっていたりすることが多々ありました。

しかし、Money Tapはできる限りユーザーの利便性に重きを置いたつくりになっており、誰でも簡単に使えるようになっています。UIも綺麗にまとめられていて見やすいのも嬉しいポイントです。

☆Money Tapの注目すべき仕様☆

  • 24時間365日利用可能
  • 住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行の銀行口座と連携
  • 3銀行によって試験運用は2018年3月から実施済み

Rippleの技術を使って開発されたMoney Tap

Money TapはRippleの技術である即時送金システム「xCurrent」を用いて実装されている決済システム、「RCクラウド2.0」によって開発されています。

利用者の個人情報を守りつつも、『個人間の送金を安全・リアルタイムかつ快適に行える環境を提供します』という理念がこのアプリにはあります。

これからもサービス対応銀行を増やしていくとのことで、期待感は高まるばかりです。

Money Tapを使っている人の口コミ

Money Tapには下記にような口コミが寄せられています。

「画面はシンプルで、とても綺麗」

「参加する銀行が増えていけば、必須アプリになる」

「SBIとリップルが作った次世代の送金手段」

口コミを見てみてもその評価は概ね良好で、これからの発展に期待する声も多く見受けられました。

皆さんもぜひ「Money Tap(マネータップ)」を使ってみてくださいね。

こちらのアプリもおすすめ!

  1. waves client

    waves client

  2. ToastWallet

    Toast Wallet(トースト ウォレット)

  3. Electroneum

    Electroneum(エレクトロ二ウム)

  4. WeiWallet

    WeiWallet(ウェイウォレット)

  5. bitFlyer(ビットフライヤー)

  6. 仮想通貨CCI

  7. もにゃアイキャッチ

    もにゃ

  8. ArcBit(アークビット)

  9. toshi

    Toshi