MetaMask(メタマスク)

MetaMask(メタマスク)のアプリアイコン

Ethereum系ウォレットのMetaMaskの使い方や特徴について解説しました。ウォレットアプリとしては珍しいブラウザ拡張機能型のウォレットです。拡張機能であることを生かしてフィッシングサイトのブロックなど安全にも配慮したウォレットです。

MetaMask基本スペック

  • 対応ブラウザ:Chrome,FireFox,Opera
  • 対応通貨:ETH,ERC20系トークン
  • 有料/無料:無料
  • 公式ページ:MetaMask
  • 公式Twitter:@metamask_io

MetaMaskは仮想通貨ウォレットとしては珍しいブラウザの拡張機能で機能するウォレットアプリケーションです。

Ethereumプラットフォームの通貨に対応しているため、ETHとERC20系トークンの取り扱いが可能です。

また、同じEthereumウォレットのMyEtherWallet(MEW)と連携してトークン管理もできるので使い勝手のいいEthereumウォレットだと思います。

MetaMaskの特徴

MetaMaskには次のような特徴があります。

  • ブラウザ上で簡単操作!
  • 危ないサイトはMetaMaskがブロック!
  • DEXの窓口として機能!

ブラウザ上で簡単操作

MetaMaskは専用のアプリケーションは存在しません。

全てブラウザの拡張機能で完結するためウォレットを利用したいと思ったら即利用可能な手軽さがMetaMaskにはあります!

危ないサイトはMetaMaskがブロック

ウォレットアプリのMetaMaskですが、拡張機能という立場を利用して危険なサイトを検閲してくれます。

危ないサイトにアクセスしようとするとアクセスを拒否して警告画面を表示してくれます。

METAMASKブロック

この赤いページが表示されたときはアクセス先がフィッシングサイトである可能性がありますので、

知っているサービスなどへアクセスする場合に出た時はURLを確認したほうが良いです。

ちなみにそれでもアクセスしたい、という場合はMetaMaskをいったんオフにする必要があります。

DEXの窓口として機能

DEX(分散型取引所)を利用する際にETHやERC系トークンを送付する窓口のウォレットとして利用可能です。

取引自体はDEX内で処理してもらいますが、送る・受け取るをMetaMask内で行えます。

MetaMaskの使い方

公式の解説動画

MetaMaskでは公式ページに解説動画があります。
英語の解説ですがイラストなどで直感的にわかるかと思うので見ておくとよりMetaMaskを理解できると思います!

ウォレットを作成してみる

※本解説記事ではWin版Chromeの作成方法を解説しています、Mac版や他のブラウザでは多少仕様が異なる場合があります。

MetaMaskをブラウザに導入するには各ブラウザのアプリストアから検索しても良いですが、心配なかたはMetaMaskの公式ページから拡張機能ページに飛びましょう。

MetaMask公式

ChromeのアプリストアからMetaMaskを拡張機能に追加します。

MetaMask拡張機能

するとブラウザの拡張機能バーにMetaMaskのキツネアイコンが追加されるのでそれをクリックします。

初期設定として利用規約の同意やプライバシーポリシーの同意が必要なのでそれぞれAcceptをクリックします。

MetaMaskプライバーシポリシー MetaMask利用規約

その後、パスワード(8桁以上)の設定とSeed Words(パスフレーズ)のバックアップを求められますので画面の指示に従って進めてください。

安全のためSeed Wordsについてはできればアナログの紙などに記録してネットワーク上から見えないようにしておくのがベストです!

Seed WordsはMetaMaskを復元するときに使うものなのでバックアップミスには十分気を付けてください!

MetaMaskトップ

これでウォレットの作成が完了しました。

ログインする際はパスワードの入力だけでOKです。

送金・受取してみる

MetaMaskで送金・受取するのは簡単です。

送金

送金するときはブラウザに表示されているMetaMaskマークをクリックしてウォレット画面を呼び出したら「SEND」をクリックします。

すると送金画面に切り替わりますので送金先のアドレスと数量、送金手数料を入力すればOKです。

Ethereumネットワークなので手数料を高めに設定すれば早く取引が承認されます。

受取

受取アドレスの表示はアカウント名の横に表示されている「・・・」から「Show QR Code」をクリックします。

MetaMaskQR

QRコードは表示されるだけで相手に共有する機能などがないのでスクショして画像などに落とし込まないと伝えられません。

パソコンであればアドレスをコピペして相手に伝えるのが良いかと思います!

MyEtherWalletと連携してみる

MetaMaskは同じEthereumウォレットのMyEtherWallet(MEW)と連携することができます。

お互いがお互いのアカウントを利用できるのでMetaMask側にMEWのアカウントをインポートするか

MEWにMetaMaskのアカウントをインポートすることでどちらでも利用できるようになります。

どちら側にインポートする場合でもプライベートキー(秘密鍵)が必要なので注意してください。

ちなみに、MetaMaskのアカウントをMEWで利用する場合はMEW側で送金の手続きをしても最終的な承認はMetaMask側で行う必要があります。

この点は少し手間ですがMetaMask側のセキュリティを利用できるので安心感は増します!

 

以上、MetaMaskの特徴と使い方を解説しました。

ウォレットを生成しなくてもフィッシングサイトのブロック機能は働くのでセキュリティソフトとして機能に追加しておくのもありなアプリケーションだと思います。

私の場合はMEWにアカウントを開設しているのでMEWのアカウントをMetaMaskを通して利用していますが、

MetaMaskのおかげで(2重ロック的に使えるので)少し安心して利用できています。

こちらのアプリもおすすめ!

  1. Cryptocurrency価格トラッカー

  2. COINS.phアイキャッチ

    Coins.ph Wallet

  3. Melis Wallet(メリスウォレット)

  4. Blockchain Wallet

    Blockchain Wallet

  5. 仮想通貨IQ

    仮想通貨IQ

  6. QUOINEX LITEver

    QUOINEXライト版

  7. waves wallet

  8. 仮想通貨CCI

  9. Discord

    Discord(ディスコード)