Interactive Crypto(インタラクティブ-暗号通貨価格アラート&ウォッチリスト)

Interactive(インタラクティブ)のアプリアイコン

事前に設定しておいたコインが大きく値動きした際にアラートしてくれる機能がとっても便利。

Interactive Cryptoの特徴

Interactive Cryptoは、事前に設定しておいたコインが大きく値動きした際にアラートしてくれる機能が大きな特徴。またビットコイントラッカーにより投資資産と仮想通貨の分析をすることができます。
ビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、ライトコイン(Litecoin)、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)、ダッシュ(DASH)、リップル(Ripple)などのほか、数百種類ものコインの時価総額と最新価格をチェックすることができ、ブロックチェーンアセット、仮想通貨価格、ビットコインティッカー、レビューチャートをスマホで簡単に見ることができるアプリです。

サポートしている銘柄は?

ビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)、ライトコイン(Litecoin)、リップル(Ripple)、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)、トロン(Tronix)、ネオ(NEO)、イオス(EOS)、ジーキャッシュ(Zcash)、ダッシュ(DASH)、モネロ(Monero)、リスク(Lisk)、バイナンスコイン(Binance Coin)、アイオタ(IOTA)、オミセゴー(OmiseGo)、ネム(NEM)、ステラ(Stellar)など、100種類以上の仮想通貨を管理できます。

過去のデータとチャート

リアルタイムチャートを搭載した独自のプラットフォームが仮想通貨のトレンドを分析してくれ、全アルトコインの相場の値動きをローソク足チャート表示します。

カスタマイズ可能なアラートが便利!

事前に設定した特定の仮想通貨の価格が設定値を超えた時に、登録したメールアドレスに自動でアラートが届きます。

ウォッチリスト

コインを無制限に追加することができるウォッチリストで、資産の動きを追跡・管理が可能。各アルトコインの詳細情報もリアルタイムで表示されます。

毎日配信されるニュース

最新の仮想通貨とマイニングに関するニュースや、ビットコインとアルトコインの動向とレポート、専門家によるテクニカル分析などが毎日配信されます。

仮想通貨レビューが見られる

各コインのレビューを見ることができます。

10ヶ国語対応

日本語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、トルコ語、ロシア語、アラビア語、ペルシア語、簡体字中国語、繁体字中国語に対応しています。

Interactive Cryptoを使ってみた!

Interactive Cryptoをインストールしてみると、最初に戸惑ったのは英語表記ということ。英語ができない僕は、まっ先に日本語表記に変更することから始めました。
Interactive Cryptoは色々な機能がありますが、僕の目的は価格アラートですので、ここでは日本語設定とアラートの設定方法をまとめてみます。

僕が実際に使いながら書いていきますが、ここは違うよ!と思うところがありましたら、ご指摘ください。

起動してみます

インストールして起動! 立ち上がりが少々遅く感じましたが機種の関係かもしれません。1分くらいで起動しました。
起動すると、すべて英語の画面が現れます。まずはこの英語表示を日本語表示に設定することから始めましょう。

Interactive Crypto 起動画面

日本語設定をします

左上の三本線をタップすると、このようにメニュー画面が表示されます。

Interactive Crypto 日本語設定画面

「LANGUAGE」⇒ 「日本語」をタップで日本語の設定が完了です!

アラートの設定をしてみた!

次は一番の目的であるアラートの設定です。
アラートはログインしないと設定ができません。

ログインします

Interactive Crypto ログイン画面
メニュー画面 ⇒ ログインをタップ。

ログイン方法は、Facebookアカウントを利用する、Googleアカウントを利用する、メールアドレスによるサインインの3つです。
僕はシンプルでわかりやすいメールアドレスによるサインインを選んでみましたので、ここからはメールアドレスによるサインイン方法をご紹介していきます。

Interactive Crypto メールアドレスでサインイン
Interactive Crypto サインアップメールアドレス設定画面

メールアドレスでサインイン  ⇒ 名前、Email、Passwordを入力します。
僕は名前にはニックネーム、EmailはGmailアドレス、Passwordには他で使用していない複雑な英数字を設定しました。
電話番号は、プルダウンメニューからJapan(81)を選択しスマホの電話番号を入力します。

ここで登録する電話番号は国際形式のため、携帯番号の最初の数字「0」を省いて入力します。たとえば「09012345678」の電話番号の場合、「9012345678」となります。

ウォッチリストの登録をします

次に投資している仮想通貨をウォッチリストに登録します。ウォッチリストに登録しておけば、その仮想通貨の情報をすぐに表示させることができます。
僕はNEMに投資しているので、NEMを登録してみました。

Interactive Crypto ウォッチリスト登録画面
Interactive Crypto ウォッチリスト登録画面

ライブレート ⇒ 「すべてのコイン」タブからNEMを選択。右上にある「+」をタップでウォッチリストにNEMの登録が完了しました。

アラートを設定します

Interactive Crypto アラート通知設定
Interactive Crypto アラート設定画面

ライブレートに戻り、NEMの左横にあるベルをタップでアラート設定画面が表示されます。
Above」は値上がり、「Below」は値下がりです。それぞれチェックを入れてSAVEをタップでアラート設定完了です。
あとは、指定した価格に達するとお知らせメールが届くので、常にチャートを気にしたり取引所などのアプリをいちいち開かなくても良いので、暴騰・暴落した時にも素早く情報をキャッチすることができますね。

 

こちらのアプリもおすすめ!

  1. GoUrl

    GoUrl

  2. jaxx Blockchain Wallet

  3. Coin stats

    Coin stats

  4. Bitpay(ビットペイ)

  5. Bitpie

    Bitpie(ビットパイ)

  6. CoinCapのロゴです

    CoinCap

  7. 日経電子版

    日経電子版

  8. BitHuntes

    BitHunters(ビットハンターズ)

  9. Bither