GoUrl

GoUrlのアプリアイコン

投銭の方法を変えるであろうWordPress用プラグイン「GoUrl」についてご紹介します。選べる仮想通貨は様々で、導入の手数料もかからないGoUrl。すべてのクリエイター必見のプラグインです。

GoUrlで仮想通貨の”投銭”を導入できる

GoUrl スクリーン

「GoUrl」は仮想通貨による”投銭”を支援するためのWordPress用のプラグインです。

現在Web上には様々なクリエイターが自身の制作物を公開・共有していますが、これに対して行われる支援方法には限りがあります。代表的なものだと、Amazonの欲しいものリストの公開による物品等の支援ですが、やはりこれだけでは物足りない上に「物を貰うのでは制作物を作るための直接的な支援にはならない」との声があるのも事実…。

しかし、GoUrlを自身のブログなどに使用すれば、仮想通貨による投銭を行えるフォームを作ることができます。仮想通貨はお金と同じですから、クリエイターにとっての支えになることは言うまでもありません。

13種の仮想通貨が使えるGoUrl

GoUrlで使用できる仮想通貨は下記の13種類。

13種類の仮想通貨使えるGoUrl

ビットコイン(BTC)や、ビットコインキャッシュ(BCH)、Litecoin(LTC)などの豊富な選択肢が用意されているため、投銭もしやすいといえるのではないでしょうか。それぞれが持っている仮想通貨を選ぶことができ、投入する最低金額も自由に変えることができます。

コンテンツを作ろう、コンテンツを伸ばそう

GoUrlをどのコンテンツに導入するかはユーザーの自由です。

  • ブログの有料記事化
  • 制作物(音楽・イラスト等)の有料配布
  • スポンサー募集

クリエイターやインフルエンサーとして、すでに一定の地位を得ている方の場合、GoUrlを使うことでその力をさらに伸ばすことができるでしょう。

もちろん、まだまだそうした活躍が道半ばの方でも、GoUrlを用いて少しでも支援を受けることで、今後の励みになるはずです。

自分自身で独自のコンテンツを作り、それを伸ばすことの可能性・意欲を飛躍に高めてくれるのがGoUrlの凄さです。

GoUrlを使っている人の口コミ

GoUrlの利用ユーザーの口コミは以下の通りです。

「クリエイター活動の励みになる」

「コンテンツを有料化できて便利」

「月額料金がかからなくて良い」

やはりクリエイターにとって、GoUrlによる投銭の導入は大きな支えになっているようです。また、GoUrlはオープンソースで公開していることもあり、利用のための月額料金がかからないのも大きな魅力であることもわかります。

たとえわずかであっても、投銭をしてもらいたい方はお早めの導入をおすすめいたします。

こちらのアプリもおすすめ!

  1. Bither

  2. NEMウォレット

    NEM钱包

  3. coincheck

    Coincheck(コインチェック)

  4. MetaMaaskアイキャッチ

    MetaMask(メタマスク)

  5. WowApp

    WowApp(ワウアップ)

  6. Melis Wallet(メリスウォレット)

  7. Coin stats

    Coin stats

  8. Bitcoin Cash Wallet(ビットコインキャッシュウォレット)

  9. Rocketr POS

    rocketr / Rocketr POS (ロケット / ロケットポス)