Ginco

Gincoのアプリアイコン

GINCOは、シンプルなUIで、セキュリティにも強く、ICOプラットフォーム通貨や分散型プラットフォーム通貨に対応しているモバイルウォレットです。

Ginco基本スペック

  • 提供元:Ginco Inc.
  • 互換性要件:iOS10.3以降
  • 対応通貨:BCH,BTC,DGD,EOS,ETH,KNC,MANA,OMG,REP,SNT,TRX,ZIL,ZRX
  • 有料/無料:無料
  • 公式ページ:Ginco
  • 公式Twitter:@ginco_app

※現在はiOSのみの対応ですがAndroid版は近々公開される予定です。

Gincoは分散型プラットフォームとの提携進めたり、ICOプラットフォームとの提携を進めたりウォレットアプリとして新しいことを進めている印象があります。

もちろんウォレットとしてセキュリティ対策や使いやすさについてもしっかりケアしています。

Gincoの特徴

Gincoには次のような特徴があります。

  • ポートフォリオ機能など便利な機能を順次追加!
  • 充実のセキュリティ対策!

ポートフォリオ機能など便利な機能を順次追加

普通のウォレットアプリと言えば使用しやすさを優先して送金・受取だけといったシンプルなものが多いです。

Gincoではシンプルな使いやすさを崩さないようにしながらポートフォリオ機能や両替機能、法定通貨による入金機能などを順次追加予定です。

ポートフォリオ機能については既に実装済で最終的には分散型取引所のようにGinco内で仮想通貨の取引を完結できるようになるようです。

充実のセキュリティ対策

ウォレットアプリですからGincoも当然セキュリティ対策について十分気を使っています。

ウォレットのバックアップキーや通貨毎の秘密鍵はウォレットのサーバーから提供されることはなく、アプリ内で生成されます。

つまりウォレットの入っているスマホの中でセキュリティ対策が完結するためネットワーク上にセキュリティに関する情報が保存されることはありません。

完全なホットウォレットに比べるとかなり安全度は高いと言えると思います。

Gincoの使い方

ウォレットを作成してみる

Gincoは説明書のいらないインターフェースを謳い文句に開発が進められています。

案内に従って進めるだけでウォレット作成・利用が可能です。

まずはインストールして”今すぐ始める”からウォレット作成を始めます。

Ginco新規

ウォレット生成までに必要な設定は3STEPです。

まずはユーザー名を入力します。

こちらの入力名が送金時に相手にも表示されるので利用の仕方に合わせて名前を決定してください。

Gincoユーザー名

次に暗証番号(6桁)を設定します、確認のため2回入力です。

Ginco暗証番号

最後に利用規約について同意してウォレット作成は完了です!

Ginco利用規約同意

ウォレットのトップ画には通貨がカード形式で表示されているのでわかりやすくなっています。

Gincoトップ画

バックアップキーの取得をお忘れなく

最初のアナウンスに従ってウォレットを作成するとバックアップキーの取得が行われていない状態です。

このままだとウォレットを移管したりアプリを再インストールした際に自分の資産がGOXしてしまうのでバックアップキーの取得は忘れずに行いましょう!

バックアップキー作成の仕方はトップ画右上の人物アイコンから設定画面に飛んで”セキュリティ設定”→”バックアップを実行”に入ります。

バックアップはどのような場合に取得するかアナウンスが表示されます。

“次へ”をタップします。

Gincoバックアップ

バックアップキーが表示されますので紙かネットワークに接続していないパソコン内にしっかりと記録しましょう。

安全のため、スクショで記録したりやクラウド上に記録したりしないでください!

Gincoパスフレーズ

これでウォレットを利用するにあたって必要な設定は全て完了です。

送金・受取してみる

Gincoで通貨を送金・受取するときはトップ画から送金・受取したい通貨カードに表示されている”送金する””受け取る”をタップします。

送金ではアドレス入力はカメラによるQRコードの読み取り、画像からQRコードの読み取り、アドレスのコピペとアドレスを読み取る方法は取り揃っています。

相手が示すアドレスを読み取って送金額を入力して送金しましょう。

※アドレス間違いには十分注意しましょう!

Ginco送金

受取の際は、画像のようにアドレスカードが表示されます。

アドレスのコピペも可能ですし、QRコードの共有も可能です。

送金してくれる相手に合わせてアドレスを伝えましょう。

Ginco受取

ポートフォリオ機能で資産総額が一目瞭然

ウォレットの資産が一目でわかるポートフォリオ機能がGincoには既に実装されています。

ウォレットに入金した自分の資産の総額、通貨の割合、簡単にわかります。

意外とこの機能がないウォレットも多いのでありがたい機能ですね。

Gincoポートフォリオ

 

以上、Gincoの特徴と使い方を解説しました。

主要な通貨を多く対応していて今後の機能追加も期待できるのでどのウォレットアプリを利用するか迷っている方は選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

こちらのアプリもおすすめ!

  1. SpectroCoin

  2. bitfolio

    Bitfolio – 仮想通貨資産管理アプリ

  3. cryptopush

    Cryptopush(クリプトプッシュ)

  4. Coin stats

    Coin stats

  5. CryptoWatch

    CryptoWatch(クリプトウォッチ)

  6. GMO COIN

    GMOコイン公式仮想通貨FXアプリ ビットレ君

  7. QUOINEX LITEver

    QUOINEXライト版

  8. あたるぞ

    あたるぞ

  9. toshi

    Toshi