Electroneum(エレクトロ二ウム)

Electroneum(エレクトロ二ウム)のアプリアイコン

スマホだけでElectroneum(ETN)をマイニングできちゃうアプリ!

Electroneum(エレクトロ二ウム)は仮想通貨Electroneum(ETN)を手軽にマイニングすることができるアプリです。
実際にスマホ内でマイニングを行うわけではなく、利用するデバイスにベンチマークすることで、掘り起こしたETNを分配するという仕組みをとっています。

Electroneum(エレクトロ二ウム)の基本概要

開発・販売Electroneum Ltd
対応端末Android iOS
価格無料
対応通貨Electroneum(ETN)
公式サイトhttps://electroneum.com/ja/welcome-ja/

Electroneum(エレクトロ二ウム)は、仮想通貨Electroneum(ETN)をマイニングすることができるスマホアプリです。
スマホのバッググラウンドでアプリを立ち上げておくだけでも自動でマイニングをすることができ、アプリ内で送金をすることもできます。
使用しているデバイスをベンチマークすることで、マイニングされた際のハッシュレートに応じてETNを割り当てるという仕組みです。
これによりスマホのCPUをあまり使うことなくマイニングに参加することができます。
現在はAndroid版のリリースのみですが、現在はiOS版のリリースを行う予定とのことです。

Electroneum(エレクトロ二ウム)の特徴

それではElectroneumがどんな特徴を持ったアプリなのかご紹介していきたいと思います。

軽い動作でマイニングを行うことができる

スマホでマイニングを行うことができるアプリはいくつかありますが、ほとんどがデバイスのCPUを使って計算を繰り返す仕組みなので、電池の消耗が非常にはやくなります。
しかしElectroneumは、利用するデバイスにベンチマークして、マイニングが成立したときのハッシュレートを割り当てるという仕組みを使っています。
実際にスマホでマイニングするわけではなく、CPUに負荷を与えずにマイニングに参加できます。
実際にアプリをバッググラウンドで立ち上げておけば自動でマイニングを行ってくれるので、一日放置しているだけで5~10ETNほど得られます。

操作が非常に簡単

Electroneumは、簡単な操作で利用する事ができるマイニングアプリです。
機能が多いとは言えないですが、できることが限られている分、直感的な操作でマイニングをすることができます。
アプリを立ち上げてから数タップで開始する事ができ、英語も簡単なものがわかれば問題ありません。

10ETNごとに自動でウォレットに移してくれる

ElectroneumでマイニングしたETNは、ウォレットを設定しておくことで10ETNごとにウォレットに移してくれます。
利用するデバイスによっては一日で10ETNほどマイニングできるので、一日から数日おきにウォレットに保管するようなイメージですね。
アプリ内から別のウォレットに送金する事も可能です。

紹介制度が設けられており、紹介者にインセンティブが入る

Electroneumには紹介制度あり、紹介した人が紹介コードをウォレットに入力する事でインセンティブが入る仕組みになっています。
紹介した人がマイニングしたETNの5%が紹介者にも入るようになっていて、紹介した人もマイニングの収量が増えると言うメリットがあります。
利用者が増えればマイニングできるETNも枯渇していきますが、

Electroneum(エレクトロ二ウム)の注意点

今回はElectroneum(エレクトロ二ウム)を使う上での注意点もいくつかまとめてみました。
ダウンロードしようと思っている方は一読して欲しいと思います。

機能がやや不安定

Electroneumは頻繁にアップグレードを繰り返していますが、改善していない問題も複数確認されています。
執筆現在(5/11)は、マイニングしたETNがウォレットに移動しない問題が確認されています。
過去にはアプリ画面の不具合や、マイニング効率の著しい低下など不安定な面がやや多いアプリだと思います。

利用できない端末がある

Android対応のアプリですが、タブレット端末や一部のスマホは対応していない場合があるようです。
実際自分も試してみたのですが、スマホは問題無く動作したものの、Androidタブレットは対応外のようでした。
公式サイトを確認しましたが、対応端末の情報は記載されておらず、確かめるには実際ダウンロードしてみる必要があります。

ネットワークが不安定

マイニングをスタートしても「ネットワークが見つかりません」というエラーメッセージが表示される場合があるようです。(※バージョンによってメッセージの種類が違う場合があります。)
私も利用している間に複数回ネット―クにつながらずマイニングをスタートできないことがありました。
更新して改善しないようであれば、アプリが最新バージョンであることを確認し、必要であればアップデートを行うか、アプリ自体を再起動してみましょう。

Electroneum(エレクトロ二ウム)のダウンロード&登録方法

それではさっそくElectroneumのダウンロードと登録方法をご案内していきます。

1.公式サイトからアプリをダウンロード

Electroneumダウンロード1

アプリのダウンロードはGooglePlayStoreか、公式サイトから行います。
今回は公式サイト「Electroneum(エレクトロ二ウム)」にアクセスしダウンロードしてください。

2.アカウント登録

Electroneum登録1

すでにElectroneumのアカウントを持っている方は、登録情報を入力しログインします。
持っていない方はフェイスブックアカウントを使って新規ログインをするか、公式サイトから登録することになります。
今回は公式サイトでの登録方法をご案内したいと思います。
「アプリのウェブサイトから登録」をタップしましょう。

3.画面上部から「日本語」に変換し、必要情報を入力

Electroneum登録2

タブで「日本語」に変換し、指示にしたがって必要情報を入力していきます。
Emaiやパスワードなどは問題無いかと思いますが、電話番号だけ注意が必要です。

本来、国番号とは電話番号の一番上にある「0」という数字のことです。
国番号「+81 Japan」を選択したら頭の「0」は省略しなくてはなりません。
つまり下記のような番号の場合は

080-○×△□ー○×△□

頭の「0」を抜いた電話番号を入力します。

80-○×△□ー○×△□

情報を入力は24時間たたないと再登録することができないので注意しましょう。

4.登録した情報を使ってアプリにログイン

Electroneum登録3

登録が済んだらアプリに登録情報を入力します。
しばらくすると登録完了のメールが届きますので、メール内リンクを開いてスマホとの同期が完了です。
アプリに入ると「マイニングを始める」ボタンをタップするだけで簡単にマイニングを開始することができます。

Electroneum(エレクトロ二ウム)まとめ

まだやや不安定な面があるものの、スマホで手軽にマイニングができるというのは非常に魅力的ですよね。
現在はAndroid版のみのリリースですが、比較的CPU効率の良いiOS版のリリースが待たれます。
仮想通貨としてのElectroneumはまだ価格が低いですが、ユーザー参加型のマイニングを前提に作られた通貨は珍しいので、是非ダウンロードしてみてください。

こちらのアプリもおすすめ!

  1. indiesquareアイキャッチ

    IndieSquareWallet

  2. bit-tube

    BIT-TUBE(ビットチューブ)

  3. Mycelium

  4. WowApp

    WowApp(ワウアップ)

  5. Discord

    Discord(ディスコード)

  6. toshi

    Toshi

  7. ToastWallet

    Toast Wallet(トースト ウォレット)

  8. バイナンスアプリ

    Binance(バイナンス)

  9. FISCO 仮想通貨ナビ

    FISCO 仮想通貨ナビ