Eidoo

Eidooのアプリアイコン

モバイルウォレット「Eidoo」は、ERC20系トークンをまとめて管理できるだけじゃなく、ICOにも直接参加可能です。

Eidoo基本スペック

  • 提供元:EIDOO Sagl
  • 互換性要件:Android 5.0以上、iOS9.0以上
  • 対応通貨:BTC、ETH、ERC20トークン
  • 有料/無料:無料
  • 公式ページ:Eidoo
  • 公式Twitter:@eidoo_io

EidooはBTCおよびETHとERC20系トークンに対応しています。

ERC20系トークンは全てに対応しているわけではなく、公式サイトに対応しているトークンリストが公開されているのでお持ちのトークンを検索してみてリストにあれば保管・管理可能です。

Eidooトークンリスト:ERC20 Tokens List

Eidooの特徴

Eidooには次のような特徴があります。

  • ERC20系トークンに多数対応!
  • ウォレット内からICOプロジェクト参加可能!

ERC20系トークンに多数対応

EidooはERC20系のトークンに対応しているため、非常に多くのトークンを取り扱うことが出来ます。

現在Eidoo公式にリストされているERC20トークンは496種類あります!

今後も対応トークンはどんどん増えていくことが予想されます。

ウォレット内からICOプロジェクト参加可能

Eidooはウォレットの中でも少し特殊な仕様になっていて、ウォレット内からICOプロジェクトページに飛ぶことができます。

また、ICO自体の紹介だけでなくAirdropのアナウンスも入るので気になるプロジェクトに気軽に参加可能になってます。

Eidooの使い方

※本記事ではAndroid版の使用方法を解説したものになります。iOS版、ブラウザ版は若干仕様が異なる可能性があります。

ウォレットを作成してみる

Eidooは英語のみの対応ですが、ウォレットの作成方法は基本的に他のウォレットと同じです。

Eidooアプリを起動したら”Create a new Wallet”をタップします。

Eidoo作成

ウォレット使用にあたり重要事項の説明が表示されるので”I agree, go next”をタップ。

Eidoo同意事項

パスワードを設定します、パスワードに有効文字数など表示されませんが安全のため10桁以上の英数字を利用することをおすすめします!

Eidooパスワード

パスワードの設定が完了すると、ウォレット情報のバックアップをするように促されます。

設定自体は後でもできますがウォレット作成時にやっておいたほうがバックアップ漏れがなくて良いと思います。

バックアップは12個のパスフレーズなので紙などに記録してください。

ちなみにアプリ側の設定でパスフレーズ表示画面はスクリーンショットできないようになっています。

また、なぜかパスフレーズはAndroid本体の設定に従うので大抵の人は日本語表記だと思います。

Eidooバックアップ

バックアップが完了すると”Well done!”が表示されて完了です。

Eidoo完成

トップ画はアイコンが分かりやすく配置されているので英語仕様ですが操作に困ることはなさそうです。

Eidooトップ

Eidooから送金してみる

Eidooから送金したいときはトップ画から送金したい通貨を選択して画面下部に表示される”Transfer”をタップします。

すると送金画面に飛べます。

Eidoo送金

アドレスの入力はコピーしてきたアドレスをPASTEボタンで貼り付けるか、QRコードアイコンをタップしてカメラを起動することでスキャンも可能です。

送金単位は通貨建てのみになるので法定通貨換算で送金したい場合は自分で計算する必要があります。

下部に表示されているADVANCEDをタップするとGAS(手数料)の調整ができるので、急いで送金したい場合などは高めに設定すると良いでしょう。

GASを調整しないまま送金すれば成行のトランザクション処理になるので混雑していれば承認は遅くなっていきますのでご注意ください。

くれぐれもアドレス間違いにだけは注意してくださいね!

また、トップが右下の”Contact”をタップすると連絡先登録画面に飛ぶので良く使うアドレスを予め登録しておくことが可能です!

Eidooで受け取ってみる

Eidooで自分のアドレスを確認したいときはトップ画の右上に表示されているQRコードアイコンをタップしてください。

Eidooアドレス

共有機能があるので簡単にアドレスを相手に伝えることが可能です。

QRコードをタップするとアドレス自体をコピーできます。

EidooからICOに参加してみる

トップ画に表示されている”ICO List”をタップするとEidooから参加できるICOの一覧が表示されます。

EidooICO

上から古い順に並んでいて、早くICOが終了することを示しています。

ICO名の下にOngoingと出ていれば出資募集中、またはAirdrop中です。

Coming soonとなっているのはスタート目前のICOであることを示しています。

それぞれタップすることでICOのWebページに飛ぶことが出来るので興味があるICOを探してみるのも楽しいかもしれませんね!

以上、Eidooの特徴と使い方を解説しました。

Ethereum系のウォレットは数多く出てますがICOの紹介が表示されるウォレットは珍しいのではないでしょうか?

こちらのアプリもおすすめ!

  1. Electron Cash(エレクトロンキャッシュ)

  2. waves client

    waves client

  3. Gincoアイキャッチ

    Ginco

  4. bitfolio

    Bitfolio – 仮想通貨資産管理アプリ

  5. TokenPocket(トークンポケット)

  6. NEMウォレット

    NEM钱包

  7. Coindesk

    Coindesk(コインデスク)

  8. Bitcoin Wallet

  9. bitbank

    bitbank(ビットバンク)