BitUniverse(ビットユニバース)

BitUniverseのアプリアイコン

日々の値動きをチェックできる機能のほか、ウォレット機能など、多機能で使いやすい。

BitUniverse(ビットユニバース)

BitUniverse(ビットユニバース)は仮想通貨売買や日々のチャートチェック、ウォレット機能などを搭載した多機能ツールアプリです。
特定のサービスに特化したアプリというよりは、一つで色々なことがしたという方にオススメしたいアプリです。

BitUniverse(ビットユニバース)の基本概要

開発・販売BitUniverse Co.Ltd (Cryptocurrency Portfolio)
対応端末Android iOS
価格無料
対応取引所Poloniex/Bittrex/Bitfiniex/HitBTC/Coinbase(GDAX)/Binance

Kraken/BitStamp/Liqui/bitFlyer/Huobi.pro/COSS/Quoine/AEX/Coincheck

対応通貨BTC/BTG/ETH/BCC/STEEM/DASH/Ripple(XRP)/BTS/LISK/Monero/Zcash/Dogecoin/

Bytecoin/Litecoin/Tether/EOS/Bancor/XDN/Nxt/Ardor/Decent/Fantomcoin/etc.

公式サイトhttps://www.bituniverse.org/

多機能な仮想通貨取引のサポートツールアプリ「BitUniverse(ビットユニバース)」。
主要な仮想通貨取引所を100か所も網羅しており、その多様な使い勝手が注目を浴びて急速にダウンロード数を伸ばしています。
ウォレット機能や仮想通貨売買はもちろん、仮想通貨取引所ごとのチャート比較や銘柄ごとの価格表示なども可能です。
個人的に気に入っているのは、円やドルごとにレート換算が非常にわかり易く行うことができるところ。
残念なのは本格的なローカライズ化がまだ進んでいないところでしょうか。

やや器用貧乏なところはあるものの、仮想通貨取引をサポートしてくれるという意味では非常に優秀なアプリです。
今後はアップデートも頻繁に行っていくようなので、是非この先期待したいファイナンス系アプリです。

BitUniverse(ビットユニバース)の特徴

BitUniverse(ビットユニバース)は一体どんな特徴を持ったアプリなのでしょうか。
一つ一つ解説していきたいと思います。

とにかく多機能!かゆいところに手が届く!

自動的に各取引所の資産状況を確認できたり、取引所やコインごとのチャート比較、ウォレット昨日、API取引ととにかくなんでもござれ。
対応している取引所や銘柄数も非常に多く、これ一つだけあれば本当に何でもできます。
直感的な操作である程度使うことができますが、ヘルプなどを読んでみると「こんな事ができるのか!」と驚かされます。

見たい通貨を設定しておけば、簡単にチャート比較を行うことが出来る

価格をチェックしたい仮想通貨を設定しておくことで、どこで取引をすればお得なのかをすぐにチェックする事ができます。
画面はシンプルですが、最初は画面が簡易すぎて見方がわからない部分がありました。
しかし一度見方を覚えてしまえば、一つの画面でおおくの情報をチェックすることができ非常に便利です。

Ethereum(イ―サリアム)のウォレット機能を搭載、今後はさらに多くの銘柄をサポート予定!

僕が驚いたのは、これだけ多機能でウォレット機能まで搭載しているというポイント。
ウォレット機能だけのアプリばかりなので、Ethereum(イ―サリアム)ベースで取引しているという方は特にオススメです。
リリース開始から日が浅いため、今後どういった銘柄のウォレットが公開されるのかはわかりませんが、開発者がツイッターで「有力なコインウォレットを追加予定」とつぶやいていました。
おそらくBitcoinなどの主要銘柄もサポートしてくれるようになるそうです。

まだまだ発展途上ではあるものの、非常に魅力的なアプリ

BitUniverse(ビットユニバース)はリリースしてから日が浅く、まだまだ発展途上のアプリ。
特にローカライズに関してはまだほとんどサポートしていないようで、ダウンロード元には日本語対応と書いていますが、言語設定ができず全て英語です。
おそらく今後追加する予定なのだと思いますが、国内取引所も対応していない場所も多いようです。
アプリ自体は非常に優秀なものなので、今後に期待したいアプリなのは間違いありません。

BitUniverse(ビットユニバース)を使って通貨の価格を一覧にしてみた

それでは実際にBitUniverse(ビットユニバース)を使って仮想通貨の価格を見ていきましょう。
まずはメニューバー真ん中の「Watchlist」をタップして下記のような画面に移ります。

↑「PICKS」を見てみると、初期状態ではBTC、ETH、LTCの価格が表示されていますね。
「PICKS」は自分が設定した銘柄を配置しておくことで、値段の確認が直ぐにでき、価格に大きな動きがあると通知してくれるというものです。
今回はこの「PICKS」に仮想通貨Ripple(XRP)を追加してみたいと思います。

↑画像の真ん中にある「ADD NEW COINS」をタップします。

↑検索窓に追加したい仮想通貨名か、通貨単位名を入力します。
今回はRipple(リップル)を追加したいと思うので、Rippleの通貨単位である「XRP」を入力。

↑検索を押すと、XRPと交換することができる通貨も表示されます。
今回はBTCと交換できるものを選択してみましょう。

↑すると、通貨ペア「XRP/BTC」の仮想通貨取引所ごとの価格や簡易チャートを見ることができます。

↑このように星マークでチェックを入れておくと、開いてすぐ確認する事ができますね。

↑「PICKS」の画面に戻ってみると、通貨ペア「XRP/BTC」の取引価格が追加されています。

BitUniverse(ビットユニバース)を使って人気の銘柄を簡単チェック

次に、「PICKS」の横にある「COINCAP」で、現在どの銘柄の取引量が多いのかを見ていきましょう。

「COINCAP」をタップすると、取引量の多い仮想通貨をランキング形式で見ることができます。


↑画面左上にあるソートボタンを押せば、直ぐに並べ替えも可能です。

まとめ

今回はBitUniverse(ビットユニバース)についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。
まだまだ改善点などはあるものの、使いやすさと多機能性は他のアプリの群を抜いています。
今後アップデートも続々予定されているとのことなので是非今後に期待したいですよね。
個人的には、ウォレット機能をもう少し充実させて欲しいのと、できれば有料化せずに無料で使い続けられるようにしてほしいです。
ビジネス系アプリとしても非常に優秀なので、本格的に日本語化されれば有料化してしまうかもしれませんね。
BitUniverse(ビットユニバース)は広告も無く見やすいので、長くお世話になりたいと思わせてくれるファイナンス系アプリでした。

こちらのアプリもおすすめ!

  1. ACrypto

    ACrypto Cryptocurrency Tracker

  2. NEMcode

    NEMcode

  3. SpectroCoin

  4. Cryptopippi(クリプトピッピ)

  5. BITPoint Wallet

    BITPoint Wallet

  6. CoinCapのロゴです

    CoinCap

  7. びっとこ!

    びっとこ!

  8. ぴたコイン

    ビットコイン相場のチャート予想「ぴたコイン」

  9. 仮想通貨IQ

    仮想通貨IQ