ArcBit(アークビット)

ArcBit(アークビット)のアプリアイコン

シンプルで安全なビットコインモバイル・ウォレット!登録作業一切なし、ダウンロードしたすぐから使用できるアプリです!

ArcBitについて

ArcBitは、登録する必要がなくシンプルで簡単に操作することができるモバイル・ウォレットです。モバイル・ウォレットは、Android版が多く提供されていますが、このアプリはiOS版も提供されているところも特徴の一つです!
シンプルでありながら、コールドストレージウォレット機能も搭載している優れたモバイル・ウォレットアプリです!

早速使ってみよう!

受信について

アプリをインストールするだけで、登録する必要がなく、5つの受信用アドレスが作成されます。
横にスワイプすることで受信用アドレスが表示されますので、どれかアドレスを使用して取引所等からアプリに送金させることでウォレットにBitcoinを保管することが可能です。

受信アドレスについて

送金について

下のバーに表示されている送金するボタンを選択すると送金画面に変わります。
送金する相手のアドレスは、QRコードもしくはアドレスを直接打ち込む方法の2つの方法がありますが、仮にアドレスを直接打ち込んで違った相手に送金した場合は、返還されませんので、QRコードを読み込むほうをオススメします!

送金画面について

PINコードを設定しよう!⇒簡単に設定できるため設定することを推奨します!

セキュリティを高めるためにもPINコードを設定する必要があります。
左上のサイドバーから「Setting」を選択すると「Enable PIN Code」から設定できます。

PINコードの設定について

通貨表示をJPYに変えよう!

通貨表示の設定変更も簡単にできます。USD表示が見にくいという方は、「Local Currency」を「JPY」にすることで変更可能です。

JPY変更方法について

JPY変更方法について②

バックアップパスフレーズが忘れずに!

「Show Backup Passphrase」を選択すると12個の単語が表示されますので、必ずメモを取っておくようにしてください。
このメモを紛失した場合、アプリが消えた場合に復元ができません。

バックアップパスフレーズ入手方法について

コールドストレージウォレット機能について

「Adovaced Settings」から「Enable cold Wallet」をONにすることで、サイドメニューに「Cold Wallet」を表示させることができます。ただ、Cold Walletを作成するとこのアプリはオフラインでの保管となり、通常の送受信をするためのスマートフォンがもう1台必要となりますのでご注意ください。(※「Enable cold Wallet」の注意文にも英文で警告されています)

コールドウォレットについて

コールドウォレットについて②

コールドウォレットについて③

ArcBitアプリを使ってみて・・・

登録する必要が一切なく、また受信用アドレスも5つも作成され、セキュリティ面においても重視しているアプリだと思います。また、操作性も簡単で動作もサクサクでしたので、文句が付けようがないモバイル・ウォレットアプリです。

Bitcoinは少額決済には向いてないとの声もありますが、アプリ独自のmbtcといった単位もいろんなアプリで採用されていますので、今後このようなモバイル・ウォレットアプリは続々と提供され、私たちの身近になってくるのではないかと思いました。

こちらのアプリもおすすめ!

  1. Mycelium

  2. アプリ画像

    コイン相場

  3. waves client

    waves client

  4. Melis Wallet(メリスウォレット)

  5. coincheck

    Coincheck(コインチェック)

  6. cuoinex

    QUOINEX

  7. Coindesk

    Coindesk(コインデスク)

  8. Delta Crypto Portfolio Tracker

    Delta Crypto Portfolio Tracker

  9. Enjinウォレット