ACrypto Cryptocurrency Tracker

ACrypto Cryptocurrency Trackerのアプリアイコン

資産管理、ウォレット、チャート分析、ニュースまで、仮想通貨に関するいろいろな機能に対応しています。

Acrypto イメージ動画

ACryptoってどんなアプリなの?

Acryptoは とっても多機能です!!

※とても多機能である反面、注意すべき箇所もあります。これについては後述しますので、インストール前にご確認頂ければ幸いです。

  • 色々な仮想通貨の価格やチャートなどを過去に遡って確認することができます。
  • 様々な法定通貨での現在価格が確認できます(海外製のアプリですがJPYにも対応してます。)
  • 複数の銘柄をウォッチリストに登録する事で、ひとつの画面で、複数の銘柄の情報を確認できます。
  • 代表的な海外の仮想通貨ニュースサイトの記事をアプリ内で確認できます。
  • MACD、RSI、KDJM、BOLLなどのテクニカル指標が追加できるチャートの表示が可能です。
  • 複数の取引所における価格差も表示可能なのでアービトラージにも役立ちます。
  • リアルタイムで保有している仮想通貨の資産価値を確認できるポートフォリオチェック機能もついています。

多くの銘柄と、多くの取引所に対応しています。

coincheck、bitflyerなど、国内取引所にも対応しているのがうれしいところですね!

★サポートコインであるビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、DigitalCash(DASH)、(ETC)イーサリアムクラシック、Monero(XMR)、NXT、Dogecoin (DOGE)、Steem(STEEM)、ZCash(ZEC)、プライベート・インスタント・ベリファイ・トランザクション(PIVX)、Gnosis(GNO)、Augur(REP)、Lisk(Lisk)、Stratis(STRAT)、PeerCoin(PPC)、NameCoin )、ObitsCoin(OBITS)、Emercoin(EMC)、Steem(STEEM)、ByteCoin(BCN)、ゴーレムネットワークトークン(GNT)、波(波)、NEM(XEM)、ステラ(XLM)、SiaCoin(SC)、Factom (MATI)、ZCoin(XZC)、Ubiq(UBQ)、StorjCoin(SJCX)、DigitalNote(XDN)、DigiByte(DGB)、Decred(DCR )とたくさんの

★サポートされている取引所のあるBTC38、BTCC、BTCE、BTER、Bit2C、Bitfinex、Bitstamp、Bittrex、CCEDK、Cexio、Coinbase、Coinfloor、Coinse、Coinsetter、Cryptopia、Cryptsy、Gatecoin、ジェミニ、HitBTC、Huobi BitBay、BTCMarkets、QuadrigaCX、CoinCheck、BitSquare、Vaultoro、MercadoBitcoin、Unocoin、Bitso、BTCXIndia、Paymium、TheRockTrading、bitFlyer、Quoineこのページのトップへこの本は、それぞれの上記のテーマに含まれています。 、Luno、EtherDelta、リキ、bitFlyerFX、BitMarket、LiveCoin、Coinone、Tidex、Bleutrade、EthexIndia

★サポートされている国/通貨はUSD、EUR、GBP、CAD、PLN、AUD、CNY、RUB、HKD、NZD、INR、JPY、SGD、KRW、PHP、MXN、BRL、IDR、ZAR 、ILS、DKK、MYR、SEK、AED、CHF、THB
引用:https://play.google.com/store/apps/details?id=dev.dworks.apps.acrypto&hl=ja

Acryptoを使ってみた感想(ちょい辛口)

※前述しました通り、Acryptoには注意点がいくつかあるので、実際に使ってみたレビューと共に説明していきたいと思います。

期待と共にアプリを起動!

超多機能アプリという事で、期待と共にアプリを起動しました。こんな感じ↓

Acrypto アプリ起動画面

早速、色々な機能を使ってみようとしたところ…

左上のメニューボタン(横棒線3本)をタップ、Guestをタップすると、このような画面が出てきます。ログインが必要なようです。(ちょっとめんどいかも…。)

Acrypto ログイン画面

どうやら、一部機能はログインしないと使えないようなのですが、説明が英語で書かれていて、ログインしなくても使える機能と、使えない機能がなんなのかがわからず、一旦、ログインする事にしました。

Acrypto ログイン画面

どうやら、Googleのアカウントでログインをするようです。

無事にログインできました。(続けます。)

Acryptoでニュースをチェック!

前述した通り、Acryptoは、海外の主要ニュースサイトより、仮想通貨関連のニュースがチェックできます。しかし、、予想はできていたもののニュースは全て英語。これがブラウザであれば翻訳ツールなどでニュースチェックもできるのですが、アプリ内では、そういうわけにもいかず、英語のできない僕はそっとじするほかありませんでした…。

Acrypto ニュース画面

Acryptoで値動きをチェックしてみた!

Acryptoでは、各銘柄の各取引所における値動きが確認できますが、海外アプリでは珍しく日本円(JPY)にも対応してます!(これは、とても嬉しい)

また、各銘柄のチャート分析もできるのですが、色々なテクニカル指標を加える事もできるようになっていて、トレーダーさんにも役立つアプリじゃ無いかと思いました。

でも、実際に使ってみると気になる箇所もありました・・・。

アービトラージの機能は有料!?

色々な機能を試してみようと操作してみたのですが、アービトラージの機能をタップすると下記のような表示が出てきました。

Acrypto 課金誘導画面

どうやら、アービトラージの機能(取引所間での価格差をチェックする機能)は、有料になってしまうようです。

もちろん、どの機能を有料化するかはアプリ提供者側で決めるものではありますが、他の仮想通貨アプリを見てきた僕としては、無料で使える他のアプリを選んだ方が賢いかもしれないと思ってしまいました。

Acrypto のアラーム機能を使ってみた

アラーム機能とは、銘柄の価格が、自分が指定した価格に達すると知らせてくれるというものです。こんな感じの画面で設定します。(説明は英語ですが、なんとなくでわかると思います。)

Acrypto アラーム機能

値動きが激しい仮想通貨取引きをするうえで、急な値動きがあった時にアラートしてくれる機能は嬉しいなって思いました。

Acryptoの資産管理機能を使ってみた。

Acryptoは、保有している仮想通貨の資産価値をリアルタイムで確認できる資産管理機能もついています。

個人的には、英語のハードルがちょっと高くも感じましたが、Acryptoなら、多くの銘柄&多くの取引所に対応しているし、日本円(JPY)にも対応してますので、非常に有意義に使えるのではと思います。

 

Acryptoのレビュー・まとめ

実際に使ってみて感じたAcryptoの気になった箇所は、一部機能が有料、ログインが必要、英語表示多め、という箇所でした。

けれど、海外アプリなのに、日本円(JPY)に対応していて、国内取引所を含む、非常に多くの取引所と、多くの仮想通貨銘柄に対応している仮想通貨アプリとしては、上記のようなハードルをクリアしても使う価値ありなアプリだと思います。

また、個人的にですが、テクニカル分析ができるチャート機能は結構使えるって思いました。以上です。

こちらのアプリもおすすめ!

  1. SIGNAL(シグナル)

  2. TokenPocket(トークンポケット)

  3. Edge(エッジ)

  4. ToastWallet

    Toast Wallet(トースト ウォレット)

  5. BitVirtual

    BitVirtual(ビットバーチャル)

  6. Blockfolio(ブロックフォリオ)

  7. GMOコイン仮想通貨ウォレット

    GMOコイン仮想通貨ウォレット

  8. Coindesk

    Coindesk(コインデスク)

  9. Bit Watcher

    BitWatcher