Cryptofolio(クリプトフォリオ)

Cryptofolio(クリプトフォリオ)のアプリアイコン

ポートフォリオを円グラフでわかりやすく表示できたりできる高機能な資産管理アプリです。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)

Cryptofolio(クリプトフォリオ)は、海外の仮想通貨管理アプリBlockfokio(ブロックフォリオ)の日本版のようなアプリです。
作っている会社は異なりますが、内容はほぼ同じでどちらも非常に優秀な仮想通貨管理アプリと言えるでしょう。
ポップな見た目と可愛いキャラクターが魅力で、解説サイトや利用者も多く、使い方に悩むことも少ないのはありがたいです。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)の基本概要

開発・販売AppRuns inc.
対応端末ios Android
価格無料
対応取引所bitFlyer/coincheck/Zaif/bitbank.cc/QUOINEX/DMM Bitcoin/GMOコイン/Binance/Bittrex

Poloniex/BITFINEX/Yobit/HitBTC/Coin Exchange/Cryptopia/Kraken/Liqui/bithumb

CryptoBridge/KuCoin

対応通貨Bitcoin/Ethereum/モナコイン/Ethereum Classic/Litecoin/Ripple/Monero/Dash/Zcash/Augur/

MaidSafeCoin/Steem/NEM/Factom/Iconomi/Dogecoin/Golem/Waves/Stellar/DigixDao/Lisk

公式サイトhttps://cryptofolio.me/
公式twitterhttps://twitter.com/crypto_folio

Cryptofolio(クリプトフォリオ)は、自分の持っている仮想通貨資産を一括管理する事ができるアプリです。
ios版のみのリリースでしたが非常に人気が高く、先日リリース開始となったAndroid版も非常に好評です。
対応している仮想通貨取引所が非常に多く、草コイン、ガチホ、短期トレードとわけて管理できるのも特徴的です。
UIが見やすく、日本ユーザーならまずはじめに押さえておきたい仮想通貨管理アプリだと思います。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)の特徴

それではCryptofolio(クリプトフォリオ)は一体どんな特徴がある管理アプリなのでしょうか?
一つ一つ特徴を見ていきましょう。

複数の仮想通貨を一括管理する事ができる

Cryptofolio(クリプトフォリオ)は、このアプリだけで複数の仮想通貨を一括管理することができるアプリです。
対応している取引所・銘柄が多いだけでなく直感的に操作できる使いやすさが魅力で、利用者の支持を集めています。
資産管理アプリを使ったことが無い人でも丁寧なチュートリアルがついているので、安心して利用する事ができます。

仮想通貨関連のニュースが確認できる

Cryptofolio(クリプトフォリオ)は、アプリ内で仮想通貨関連のニュースが確認できます。
Cryptofolio(クリプトフォリオ)はニュースサイトも運営しており、そこのニュースがメインになります。
仮想通貨のまとめ記事なども見ることができるので、このアプリ一台で情報収集もばっちりです。

デザインがポップでかわいい!

アプリの性質上、どうしても難しく考えてしまう資産管理アプリですが、Cryptofolio(クリプトフォリオ)はポップなデザインとシンプルな見た目でストレスなく使うことができるの魅力。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)のイメージキャラクター、RINOちゃんも可愛いですよね。

管理アプリとしては非常にシンプルな作りになっていて、そこまで多機能では無い分すぐになれることができるとおもいます。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)を使って資産管理をしてみた

それではさっそくCryptofolio(クリプトフォリオ)を使って、仮想通貨の資産管理をしてみたいと思います。
Cryptofolio(クリプトフォリオ)は自分の資産状況を直接入力して管理する事になるので、今回はその方法をご紹介します。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)で資産管理をしてみる

今回は「取引所bitFlyer(ビットフライヤー)で1BTCを日本円で購入した」という処理を入力していきたいと思います。

↑まずはメニューバーから「保有資産」の画面にとびます。
何も入力していない初期状態では全てが¥0になっていると思います。

↑画面中央にある「追加」をタップしましょう。

↑「国内の取引所から選ぶ」をタップしましょう。

↑取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」を選択します

↑今回は「Bitcoinを日本円で購入した」という処理を入力するので、「/JPY」をタップしましょう。

↑購入が選択されていることを確認し、「取引量」のところに購入した金額を入力します。
今回は「1BTC」と入力しましょう。

↑「取引量」を入力すると、自動で現在の価格の合計金額が計算されます。
手数料がかかる場合は「他 手数料」のところに発生した手数料を入力しましょう。
何かきづいた点や、購入時の市場の状況などは最下部にある「メモ」に記入しておくとよいでしょう。
画面右上の「保存」をタップすると、「保有資産」画面に反映されます。

↑画像のように反映されれば完了です。
反映された項目をタップすると、現在のチャートの動きや買い注文・売り注文の詳細などもチェックする事ができます。
利益損失に関しても一括で管理することができ、保有資産の一部を売却した場合や、追加購入した際はさらに情報を追加することができます。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)を使って資産の状態をチェックしてみた

保有量の入力が完了したら、メニューバーの「クリプトフォリオ」から保有状況を確認することができます。

上記は「1BTC」「10ETH」「100LTC」と入力した資産情報を見てみましょう。
価格の上昇や24時間の価格推移、現在の保有資産をグラフ化したものが見ることができます。
通貨をタップすると、それぞれの現在のチャートなどを確認する事ができます。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)まとめ

今回は仮想通貨を一括管理する事ができるCryptofolio(クリプトフォリオ)についてご紹介してきました。
Blockfokio(ブロックフォリオ)と比較されることが多いアプリですが、日本人利用者であれば間違いなくCryptofolio(クリプトフォリオ)の方が使いやすいでしょう。
仮想通貨取引は情報が非常に大切な財産です。資産管理だけでなく、仮想通貨ニュースも見ることができるのは非常に嬉しいポイントですよね。
Cryptofolio(クリプトフォリオ)はファンが非常に多いアプリで、何かわからないことがあっても、色々な人が使い方を解説されているのもありがたいです。
もし仮想通貨の資産管理に悩んでいるのであれば、まず間違いないアプリの一つだと思います。

こちらのアプリもおすすめ!

  1. Interactive

    Interactive Crypto(インタラクティブ-暗号通貨価格アラート&ウォッチリスト)

  2. Cryptocurrency価格トラッカー

  3. Panアイキャッチ

    pan(パン)モナコインのウォレットアプリ

  4. Shping

    Shping

  5. 日経電子版

    日経電子版

  6. ToastWallet

    Toast Wallet(トースト ウォレット)

  7. BTCBOX

    BTCBOX

  8. NEMcode

    NEMcode

  9. ArcBit(アークビット)