仮想通貨のためのスマホ「FINNEY」、日本上陸で期待高まる

手のひらの上のお金

仮想通貨のためのスマートフォン、「FINNEY」発売

仮想通貨の取り扱いに特化したスマートフォン、「FINNEY」の日本での発売が始まりました。販売元はSIRIN LABSです。

FINNEYが世間に広く流通し当たり前のものとなれば、私達はポケットに仮想通貨を持ち歩きいつでもどこでも使うことができるようになります。まさに次世代のスマートフォンといえるでしょう。

今回はこのFINNEYの特徴や、今後の展開についてご紹介していきたいと思います。

仮想通貨用スマホ「FINNEY」の機能とは?

仮想通貨の取り扱いに特化したスマートフォン「FINNEY」は、下記のような機能を備えています。

  • コールドウォレット
  • 暗号化されたメール・通話アプリ
  • 独自のOS「SIRIN OS」
  • DAppsの動画広告視聴による仮想通貨取得

いずれも仮想通貨の管理・取引にまつわる機能で、セキュリティ技術に関しては特別の自信があるようです。なんでも用いられているのはロシア政府からセキュリティレベルが高すぎるとされた「Solarin」です。

また、今後はコールドウォレット内の仮想通貨を法定通貨に変換し決済を可能できるようにする機能の追加も予定されており、FINNEYの利便性はさらに向上することが期待されます。

気になるFINNEYのスペック!価格は?販売計画は…?

sirinlabs_finney

※画像は公式サイトより引用

ここでFINNEYのスペックを確認しておきましょう。

  • 価格:999ドル(約11万円)
  • メモリー:6GB
  • ストレージ:128GB ※2TBまでのmicroSDカード使用可能
  • カメラ:メインカメラ12メガピクセル、インカメラ8メガピクセル
  • OS:「SIRIN OS」 ※Android8.1がベース

今回SIRIN LABSはOSとコールドウォレットの開発を担っており、デバイスは台湾の鴻海グループであるFoxconnが担当しているとのこと。

公式サイトやAmazonでの販売のほか東京の実店舗での販売も計画しており、日本市場に対しても本気の姿勢が伝わってきます。

FINNEYへのユーザーからの口コミ

 

ミートアップの時点からかなり話題性が高かったFINNEY。個人ユーザーだけでなく、複数のメディアでも大きく取り上げており今後の動向にも注目が集まりそうです。

果たしてFINNEYはどこまで売上を伸ばすのでしょうか…。

    関連記事

    1. coincheck

      コインチェック買収のマネックス、仮想通貨事業拡大の経緯と展望

    2. hacker-1952027_1920

      仮想通貨の偽サイト・アプリが急増中!注意すべきポイント&対策とは?

    3. Wodca(ウォッカ)

      仮想通貨がもらえるカード「Wodca(ウォッカ)」とは?

    4. 顔を覆う子ども

      必要性高まるデジタル終活、あなたの個人情報と資産は大丈夫?

    5. スマートフォンを持つ右手

      iPhoneユーザーはご注意を、Binance語る詐欺的アプリが登場

    6. 虫めがね

      迫る仮想通貨の確定申告、2018年度分から簡素化された点とは?