迫る仮想通貨の確定申告、2018年度分から簡素化された点とは?

虫めがね

わかりにくく不便だった仮想通貨の確定申告

お金のことを考えて頭を抱える人

これまでわかりにくく不便とされてきた仮想通貨の確定申告ですが、2018年度分の確定申告からは大きく簡素化される見通しとなっています。

これまで2017年度分まで苦労しながら確定申告をしてきた方、仮想通貨の確定申告を億劫に感じるあまり仮想通貨に手を出せなかった方には朗報と言えるかもしれません。

ここではそうした仮想通貨の確定申告の簡素化とその経緯について簡単にご紹介していきます。

重ねられた議論、国税庁が考えた打開策

握手をするビジネスマンたち

2017年度分の確定申告期間が終了してから、国税庁は「2018年度分こそは簡素化しなくては…」ということで、仮想通貨交換業者を交えての研究会を開催。

その結果、

  • 「年間取引報告書」を仮想通貨交換業者から発行してもらう ※様式は統一
  • 国税庁が「仮想通貨の計算書」を用意する

の2点を行うことに決まりました。

年間取引報告書の内容は仮想通貨の計算書に転記することで、収入と経費それぞれの金額を簡単に算出できるようになります。仮想通貨の種類ごとに1枚の計算書を使用することにはなるものの、年間取引報告書の様式は統一されており扱いやすさは確保されています。

簡素化されなかった、「仮想通貨決済による所得」

今回簡素化されたのは下記2点です。

  • 法定通貨で仮想通貨を購入→仮想通貨を売却して法定通貨に交換
  • 仮想通貨による証拠金取引

対して簡素化されなかったのは「仮想通貨決済によって所得が計上された」というケースです。このケースでは報告書を用いることができず、記載する項目も上記2点のケースとは違ってきます。

国税庁の「仮想通貨関係FAQ」を必ず参考にしていただき、記入漏れがないようにご注意ください。また、確定申告は自宅からでも簡単に行えるようになりましたが、記入に際して不安があれば早めに最寄りの税務署に行って解決されることをおすすめします。

仮想通貨の確定申告を控える人、すでに経験した人の口コミ

「今年生まれて初めて確定申告に行って来ます」

「2018年確定申告用の仮想通貨の計算がほぼ完了しました」

「書類揃えてあとは税務署の人にやってもらった」

皆さんも早めに準備をされることをおすすめします。2018年度分の確定申告の期間は2019年2月18日(月)~3月15日(金)となっています。

    関連記事

    1. hacker-1952027_1920

      仮想通貨の偽サイト・アプリが急増中!注意すべきポイント&対策とは?

    2. スマートフォンを持つ右手

      iPhoneユーザーはご注意を、Binance語る詐欺的アプリが登場

    3. hacking-2903156_1920

      消費者庁が注意喚起、「仮想通貨生み出せる」アプリの危険性に迫る

    4. sonycsl_30th

      仮想通貨・AI研究の最前線、ソニーコンピュータサイエンス研究所とは?

    5. 顔を覆う子ども

      必要性高まるデジタル終活、あなたの個人情報と資産は大丈夫?

    6. polipoli

      ポリポリβ版登場!「政治議論に仮想通貨を取り入れる」とは?