キャッシュレス化は本当に正解?QRコード決済の是非を問う

推奨されるキャッシュレス化は、本当に正しい?

キャッシュレス化は、「現金を手元で持っておく必要がない」、「支払いがスマートになる」などのふれこみにより、世間の傾向として推奨(歓迎)されるものになってきました。

現にLINE Payなどを使ってお買い物をされる方もいるでしょう。さらには仮想通貨による決済がQRコードの使用で可能になり、キャッシュレス化はますます身近なものになっています。

しかし、それは本当に正しい流れなのでしょうか?今回はそんなキャッシュレス化について考えてみたいと思います。

キャッシュレス化には店舗側の苦労がある

キャッシュレス化に際しては店舗側には大きく2つの苦労があります。

  1. 機器の設置にお金がかかる
  2. 機器の扱いや、消費者に案内するための知識が必要

の2つです。特に1はギリギリの状態で営業を続ける店舗にとっては大きな痛手であり、「お金を使うべきところではない」と判断されるのがオチです。

2はキャッシュレス化に対するリテラシーの面でハードルが高いといえるでしょう。そうした技術があることを知っている人材が店舗側にいれば導入に障害はありませんが、その逆であればやはり導入は難しいといえます。「胡散臭い」、「勉強するだけ損」という風にも捉えられかねません。

アプリもあるけれど、操作に手間取ればスマートじゃない

スマートフォンを持つ右手

キャッシュレス化はスマートフォンアプリの配信・機能拡充により、業界をかなりリードしてくれているように思えます。仮想通貨による決済もQRコードの読み取りで簡単に行える時代です。

しかし、こうしたアプリは店舗側と消費者側双方でアプリに関する扱いに慣れていてこそ、スマートに支払いを行えるというものです。

もしかすると、不具合によりコードを上手く読み取れなかったり、そもそも決済の機会が少なすぎることでアプリをうまく起動できなかったりといったこともあるでしょう。スマートな支払いを謳うキャッシュレス化も、練習なくして普及は難しそうです。

メリットの導入と、日本語アプリ充実が普及のカギ

長いレシート

これからキャッシュレス化が浸透していくためには、店舗側と消費者双方にとってメリットの導入と、日本語アプリの充実が必要でしょう。

キャッシュレス化の仕組みや裏側に目を向けてみると、様々な苦労があることは明らかです。店舗側には導入に関しての税制的な優遇や機器を提供する企業側からの配慮により、できる限りコストを軽減できるようにしなくてはなりません。

消費者にとっても、現金による支払いにはないメリットが必要です。「QRコードで決済をした方がスマートだから」という理由だけでは興味は持てたとしても実用に移る理由としてはいまひとつでしょう。

監査法人トーマスは、スマートフォンを持つ10代~30代に1,800名に「QRコード決済・モバイル決済の利用実態と今後の利用意向に関する調査」を行い、2017年末にその結果を発表しました。

その調査によればQRコードによる決済方法を「知っている」と回答したのは、全体の35.8%(645名)でした。しかし、そのなかで利用したことがあると回答したのは、全体の10.2%(183名)しかいませんでした。ただ、利用したことがある人のなかで「満足している」と回答したのは、90.7%(166名)にのぼりました。

期待値は高いキャッシュレス化。今後どのように業界は進歩していくのでしょうか…。

    関連記事

    1. zaif

      Zaifスマホアプリ終了へ!その理由は?新アプリの噂とは?!

    2. crypko

      世界に1つ、クリプコ(Crypko)で美少女キャラを生成!

    3. 虫めがね

      GMOコイン取引所サービスがリリース!他にはない魅力に迫る

    4. Wodca(ウォッカ)

      仮想通貨がもらえるカード「Wodca(ウォッカ)」とは?

    5. Ginco プロジェクトチーム

      Ginco凄い!! 単なるモバイルウォレットに留まらないGincoチームに迫る!!

    6. hacker-2300772_1920

      Monappy(モナッピー)からモナコイン流出、ギフトコード乱発が手口か