仮想通貨の偽サイト・アプリが急増中!注意すべきポイント&対策とは?

hacker-1952027_1920

仮想通貨の偽サイト・アプリが急増中!詐欺に気をつけよう

仮想通貨に関連するサイト・アプリの偽物の横行が止まりません。本物そっくりに作られたこれらの偽物は、あなたの仮想通貨だけでなくその他の資産・個人情報をも狙っています。

彼ら偽サイト・アプリの手口は以下のとおりです。

  1. 本物そっくりの偽サイト・アプリをつくる
  2. 検索結果に表示させ、ユーザーを誘導する
  3. ユーザーは本物のサイト・アプリと認識したまま、ログインID・パスワードを入力
  4. 偽サイト・アプリ側にID・パスワードの情報奪われ、不正アクセスに利用される

となっています。つまり、多くの場合は偽サイト・アプリにアクセスした瞬間に資産が奪われるのではなく、ユーザーが知らず知らずのうちに入力したID・パスワードによって間接的に資産が奪われてしまうのです。

本物そっくりのURL・デザイン、注意して見分けよう

偽サイト・アプリは本物のそっくりのURL・デザインにすることを徹底しています。大手の取引所になりすましているケースもあり、注意していなければ見分けることはできません。

URLの例としては以下のようなものがあります。

取引所「ビットバンク」の場合

本来のURL→ https://bitbank.cc/

偽物のURL→ https://bitbank.ac.jp/

上記のように「ビットバンク」という名前自体はそのままで、その後に続く文字がほんの少ししか違わないケースも多く見受けられます。

私達の多くはインターネットで検索をかけた場合、そこで表示されたもののなかから上の方に表示されているものから開きます。この時URLまで逐一チェックする方は稀で、「ビットバンク(bitbank)とあるから、探しているのはこれだ」とすぐに開いてしまいます…。

もっとも、開いた後で異変に気付くことができれば良いのですが、偽サイト・アプリはデザインまでそっくりに作っているため開いた後も気付くことができず、ID・パスワードを入力してしまうのです…。

偽サイト・アプリに騙されない!今すぐできる対策とは?

偽サイト・アプリはこれからご紹介する方法で簡単に対策することができます。今利用しているサイト・アプリにこの方法を試すことはもちろん、これからの利用にもぜひ役立てていただければと思います。

  • 検索結果からサイトにアクセスする際は、すぐに開かずにURLを確認する。
  • 著名な仮想通貨ブロガーなどの情報を鵜呑みにしない、リンクが貼ってあっても自分で確認をする。
  • サイトに登録・アプリをダウンロードする際は、必ず公式ページから行う。【公式】とついていてもそれ自体が偽物である可能性もあるため、公式サイト・公式Twitterアカウント含め、複数の情報元と合致するかどうかを確認する。
  • 本当に公式にものだと確認されたものは、ブックマーク(お気に入り)登録するなどして次回のアクセスに活かす。

個人の資産・個人情報をつけ狙うサイバー犯罪集団は必ず存在します。しかし正しい知識と利用方法を知っておけば、私達は彼らに対抗することができるのです。

また、こういった偽サイトや偽アプリの被害を抑止するアプリやウェブサービスもありますので、自己責任のうえで使用してみると良いかもしれません。

    関連記事

    1. 手のひらの上のお金

      仮想通貨のためのスマホ「FINNEY」、日本上陸で期待高まる

    2. 服を着れば仮想通貨がもらえる?LOOMIA TILEに期待大

    3. 手のひらの上のお金

      2019年から始まる仮想通貨の新規制!政府が検討中の内容に迫る

    4. zaif

      Zaifスマホアプリ終了へ!その理由は?新アプリの噂とは?!

    5. スマートフォンを持つ右手

      iPhoneユーザーはご注意を、Binance語る詐欺的アプリが登場

    6. Wodca(ウォッカ)

      仮想通貨がもらえるカード「Wodca(ウォッカ)」とは?